naturalsleep

リフォームブログ

アイダーダウン羽毛布団(西川)のリフォーム

東京のお客さまからご依頼をいただいた、西川(旧東京西川)のアイダーダウン羽毛布団のリフォームです。30年以上前ですが中身が本物でしっかりしていたので、足し羽毛が無しでも、ふんわり軽く仕上がりました。
リフォームブログ

二枚合わせタイプの羽毛布団をリフォームするには

掛布団と肌布団をホックやボタンで止めてオールシーズン使える、あるいは掛肌セットになった羽毛組布団などをリフォームする際には、掛・肌を一緒に洗浄リフレッシュすることでコストを下げて安くリフォームすることができます。
リフォームブログ

31年前の当店手作り羽毛布団は、とても元気にリフォームできました

古いヴィンテージ羽毛布団のリフォーム第3弾。31年前に手作りでご購入いただいたお客様の羽毛布団は、ダウンが非常にしっかりしていたので、全く問題なくリフォーム可能でした。
ダウナ

24年間ご使用のダウナ(DAUNA)羽毛布団は甦るのか?

24年ご使用のダウナ羽毛布団のリフォームができるのか、というご相談です。実際に羽毛を見せていただくと、生地に汚れや破れがあり、中の羽毛も損傷がそこそこあって、なかなか厳しい状況です。ただ、丁寧に2度洗いをして、足し羽毛を増量することにより、10数年は使える羽毛布団に甦りました
リフォームブログ

40年前の羽毛布団はリフォームできるのか?

40年前の羽毛布団。今の羽毛の規格より、かなり甘い時代のもので、外から触っても羽根の芯がはっきりわかるぐらいの品で、嵩もありません。「これは無理かな」と思いつつも、再利用できたらお願いしたいというお客様の思いを受け止めて、足し羽毛もリサイクルダウンを使ってリフォームをしてみたところ、予想以上にしっかりと風合いが戻りました。長く使えるという羽毛の可能性に出会った体験でした
リフォームブログ

イワタ羽毛布団δE-QM71-805のリフォーム

イワタのδE-QM71-805という品番のハンガリー・シルバーグースダウンの最高級クラスの羽毛布団をリフォームしました。ビアンコーレという重い生地が枷になっていて、嵩のない羽毛布団でしたが、軽い生地でリフォームしたらふっくらと仕上がりました。羽毛の質も重要ですが、生地はそれ以上に重要であることを確認できたリフォームでした。
ダウナ

片寄りやすい800g入りのダウナ羽毛布団のリフォーム

羽毛布団の羽毛の量が800g前後のダウナ羽毛布団は、オリジナルの4×5 20マスキルトの側生地だとマス目で羽毛の片寄りが出やすくなります。これを避けるためには、5×6 30マスの中厚仕上げにした方がベストです。実際にS9100生地5×6 850gにしてリフォームしてみました。
リフォームブログ

綿花高騰、資源高騰による今後の見通しについて 2022.5.24

綿花が高騰しています。それに加えてロシアのウクライナ侵攻に端を発する資源高騰等の影響が、羽毛布団生地や羽毛原料そのものも、今後大きな影響が出ることが予測されます。その現状について
リフォームブログ

西川の羽毛充填量が表示より少なかった件

羽毛布団のリフォームで西川の羽毛布団を解体したところ、表示重量より少ない羽毛の量しか入っていませんでした。たまたまではなく月に4件も発生したので、少なからずあるのではないかと思われます。
リフォームブログ

羽毛布団は丸洗できるのか?その問題点

羽毛布団の品質表示には、クリーニングを避けるとか、ドライ指示がほとんどですが、一定の条件を満たすことができれば、丸洗い(水洗い)は可能です。丸洗いできるかどうかは、生地や羽毛の質によって異なってきます。ウォッシャブルの羽毛布団も洗うことはできるものの、その一方で、蒸れ感が増えますので、注意して羽毛のメンテナンスをすることが重要です。
タイトルとURLをコピーしました