リフォームブログ

二層式キルティングの問題点と解決法

羽毛の保温力を上げるために中の構造を二層式にしてふっくら仕上げる二層式キルト。ただ、さまざまな問題があります。当社オリジナルの快適な二層式キルトであるCONキルトの紹介と、現在の住環境と体質に合わせて最適なリフォームをどのようにするかについて開設します。
リフォームブログ

初めて見る特殊キルト 2020/7

羽毛布団のリフォームでお預りした西川の羽毛布団。今までにない特殊な立体キルト構造でした。記録の備忘録
リフォームブログ

リフォーム用サテン生地SE1014登場

従前使用している100番手サテンは風合いは良いものの、生地重量が110g/㎡と80番手サテン並みあるのが課題でした。今回は100/140番手という、さらに上級グレードで101g/㎡と国産では最軽量クラスの超長綿サテンがラインアップに加わりました。
リフォームブログ

仕上がった羽毛布団の快適さは生地で決まる

羽毛布団が快適かどうかは、生地で決まります。つまり、羽毛布団をリフォームする際にも生地選びが非常に重要です。軽くて通気性が良い綿100%の生地がベストです。
リフォーム工程

羽毛布団のリフォームプランを選ぶ

羽毛布団リフォームパックは新しい羽毛側+直洗いを含むリフォーム加工賃+標準足し羽毛になって、通常の加工より割引になっているお買得なパック価格です。お好みとご予算に合わせて多彩な羽毛側から選んでいただけます。
リフォーム工程

羽毛布団リフォームでサイズを変更する

羽毛布団をリフォーム(打直し、仕立て直し)する場合、サイズや中身の量を変更することができます。その場合には羽毛の質や使用状況などをカウンセリングしながら、最適な組合せを提案することが必要です。同じように羽毛布団をリフォームするのではなく、より快適に使えるようにリフォームすることが大切です。
リフォーム工程

羽毛布団リフォームで最適な 側生地を選ぶ

羽毛布団をリフォーム(打直し、仕立て直し)する場合には、側の選び方が重要になります。これを間違うと、リフォームしなかった方がマシという状況になります。快適な睡眠のために、側生地やキルティング、足し羽毛をどのように選べば良いのか、リフォームを2000枚以上手がけた羽毛マイスターの店主が指南します。
リフォーム工程

快眠のためのリフォームとは?

羽毛布団のリフォームは単に同じように作り直しをすればいいわけではありません。住環境や体質に合わせて、より快適な眠りができるように、生地や、キルティング、羽毛の充填量を使う人に合わせて調節することが大切です。眠りのプロショップSawadaの羽毛工房ダウンラボではカウンセリングにより、最適な羽毛布団の仕立てを提案いたします。
リフォーム工程

リフォームするか、それとも買い替えた方がいいか?

羽毛布団をリフォームして使い続けるか、それとも買い替えた方がいいのか? 元々の羽毛布団の品質や、ライフサイクルによって答えは異なってきます。はっきりしているのは、中途半端な羽毛布団に買い替えないこと。眠りのプロショップSawadaの羽毛工房ダウンラボは、お使いの羽毛布団のリフォームが可能かどうかをカウンセリングします。
リフォーム工程

羽毛布団リフォームの工程

眠りのプロショップSawadaの羽毛工房ダウンラボはドイツLorch社の羽毛リフレッシュマシンに、抗菌防臭のオゾン機能、高性能除塵機、サイクロン式羽毛充填機を備えた国内最高レベルの羽毛布団リフォーム設備を店頭にもっています。通常の1.5倍以上の時間をかけて丹念にじっくり仕上げます。
タイトルとURLをコピーしました