羽毛布団のリフォームとは

羽毛布団のお手入れは、丸洗いかリフォーム

羽毛布団に限らず、毎日使う寝具は汚れが溜まってきて、生地や中わたが痛んだりするために定期的にメンテナンス(お手入れ)する必要があります。

3~5年ごとに丸洗い

水洗いによる丸洗いを3~5年に1度おすすめします。これにより、羽毛に汚れが溜まってしまうのを防ぎます。ただ、側生地の種類によっては、羽毛が吹き出したりする一定のリスクがあります。1年に1度を推奨するメーカーやお店がありますが、頻繁な洗濯は羽毛の油脂分を取り除いてしまい、羽毛の寿命を縮めてしまいます。通常は、カバーをこまめに替えて、月に1度ぐらいは日干しをすることをおすすめします。

10年経ったらリフォーム(仕立直し・打直し)

リフォームとは、羽毛を解体して中の羽毛を取りだし、洗浄・除塵して、不足分の足し羽毛とともに、新しい羽毛側に入れて仕立てることをいいます。ほぼ新品のように甦ります。

リフォームすることで、新品のようにきれいでふっくら甦ります

リフォームの違いについて

一口に羽毛布団のリフォームといっても、その工程や生地、足し羽毛などによって内容は大きく異なります。

眠りのプロショップSawada 羽毛工房ダウンラボの羽毛布団リフォームはプレミアムダウンウォッシュ相当の個別に直洗いする、最もグレードの高いリフォームです。

羽毛布団のリフォーム(打直し・仕立て直し)は工程によって大きく3つにわかれます。 日本羽毛寝具製造協同組合(日羽協)は羽毛布団のリフォームの違いを3つのラベルで説明しています。 プレミアムダウンウォッシュ仕上げ...

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする