羽毛布団リフォーム エクセルヒューマン

エクセルヒューマンのシルク混羽毛布団のリフォーム

当社でも結構多いのがエクセルヒューマン(ExcelHuman)の羽毛布団リフォームです。表生地が絹50%綿50%のサテン、裏生地(肌側)は綿100%サテンです。キルティングは4×5マスがベースなんですが、襟元だけは後述のように特殊な2層構造になっています。

羽毛はホワイトグースでダウン95%、一般的にはマザーグースと呼ばれる440dpクラスの羽毛です。実際に製造しているのはフランスベッドさんなので、側生地・縫製・羽毛ともしっかりとしたものが使われています。景品で寄せて、プレハブ店舗で販売するという営業形態が特殊なので、実際には「えっ」と驚くような価格で販売されています。同じクラスの羽毛布団を当店で仕上げるとすると、165,000円(税込)ぐらいでしょうか。ご高齢の購入者が多いので、代謝量が低くそれほど問題にはならないと思いますが、一般的にはこのクラスの羽毛なら入れて1.2kg。私どもでしたら1.1kgで仕上げます。

襟元の仕上げ方法は独特の二層構造

襟元は一見キルティングがないように見えます。

実はこのように、中にもう一つ袋が入っていて、襟元から羽毛が逃げないような工夫がなされています。ここまでしなくてもキルティングである程度工夫ができるはず、と思っていましたら、この袋の中には、同じホワイトグースダウンが入ったタイプ以外に、ここだけアイダーダウンを入れたバージョンがあることがわかりました。アイダーダウン入りバージョンがいくらで販売されているのかは不明ですが、アイダーの良さが活きるような構造ではないように思われます。(アイダーは肌に近づけた方が良いので、内側の袋に入れるという考えには同意しかねます)

中の羽毛は真っ当なホワイトグースダウン しかし・・・

フランスベッドが作っているだけあって、ダウンボールもしっかりとした良い羽毛が入っています。というか、販売価格を考えると入っていなければ、かつての訪問販売で横行した欺しに近いモノになるでしょうね。元の総重量は2,626g、解体後の側重量は1,312gでしたので、1,314gが羽毛の量ということになります。

比較的しっかりした羽毛が1.3kg(1,300g)も入っているので、1,100gは楽勝で残るだろう、足し羽毛は不要だろうと思われましたが、実際に洗浄除塵してみると1,030gと、元の80%ぐらいまで減ってしまいました。そのため、足し羽毛はほぼ同等クラスのPWG93S(430dpのポーランドグース)を70g足しました。

S9100生地の変形5×5キルトで1,100g仕上げです。リフォーム後の総重量は1,850g。元の総重量が2,600g以上あったので、30%も軽くなりました。ご高齢の方には、軽い羽毛布団の方が、身体への負担が少なくなります。

 

タイトルとURLをコピーしました