リフォーム工程

リフォーム工程

快眠のための側生地の選び方

「側生地って何を選んでも一緒でしょ?」 いえいえ、側生地の選び方で仕上がりの風合いが全く異なります。また、キルティング方法によって、仕上がりの厚み=保温力が異なります。快適な眠りのためには、使う人の体質や好みに合わせた生地の選択が必要なのです。眠りのプロショップSawadaがおすすめするのは、綿100%で軽量(100g/平米以下)、通気性の良い生地です。
ダウナ

ダウナ(DAUNA)の羽毛布団を実際にリフォームしてみました

リフォームのお問合せやご注文が多い大塚家具さんの羽毛布団、ダウナ(DAUNA)を実際にリフォームしてみました。比較的に綺麗に使ってらっしゃいましたが、ご購入から16年経っておりますので、さすがに生地と中身が弱ってへたっています。430dpのポーランドホワイトグースダウンを200g足して、約1,050gを新しい羽毛布団側に吹き込みます。
リフォーム工程

羽毛布団のリフォームプランを選ぶ

リフォームパックは新品羽毛布団側+羽毛布団リフォーム加工+標準足し羽毛がセットになってお買得価格になっているものです。基本的にはリフォームパックから選んでいただくのが、お手軽でお値打ちになっています。特殊なサイズや加工の場合は標準加工賃からおすすめします。
リフォーム工程

羽毛布団リフォームで布団サイズを変更する

羽毛布団のリフォームは1度羽毛を取りだして洗います。「ダブルサイズは使わないので、シングルサイズに」など、羽毛をうまく利用して必要なサイズの羽毛布団に仕立て直すことができます。羽毛工房は自社加工ですので、羽毛の状態を見ながらお客様のリクエストに合わせてお仕立ていたします。
リフォーム工程

体質に合わせた仕上げの厚さとキルティングの選び方

羽毛布団を新しく買う場合やリフォームする際には、使う方の体質や住環境に合わせて、キルティングや羽毛の量を調節することが大切です。10年に1度のリフォームなので、カウンセリングを行いながら、使う方に合わせた生地やキルティングを決めましょう。
リフォーム工程

快眠のためのリフォームとは?

羽毛布団のリフォームをする際に気を付けるのは、使う人に合わせたリフォームをすることで、睡眠の質をあげることが必要です。 まずはカウンセリングから 使う人に合わせた羽毛布団のリフォームを行うためには、まずカウンセリングが...
リフォーム工程

リフォームするか、それとも買い替えた方がいいか?

今使っている羽毛布団はリフォームすべきなのか?買い替えた方が良いのか? どのような羽毛布団でもリフォームすることは可能ですが 基本的にはどのような羽毛布団であれ、リフォームすることは可能です。羽毛が弱っていればその分羽毛を足せ...
リフォーム工程

羽毛布団リフォームの工程

羽毛ふとんのリフォームは 1.側の解体 2.直洗いによる羽毛洗浄 3.乾燥と除塵 4.オゾンによる殺菌と脱臭 5.ソーティングで重い不良羽毛を除去 6.除塵で細かく小さなホコリを除去 7.計量と足し羽毛 8.羽毛布団側に充填 9.仕上げの工程があり、眠りのプロショップSawadaは店内で全ての工程をおこなっているため、直に見てお確かめいただけます。
リフォーム工程

羽毛リフォーム方法の違い

羽毛ふとんのリフォームには、プレミアムダウンウォッシュ、ダウンウォッシュ、側生地交換(スチーム洗浄)の3種類がありますが、当店は、一番汚れがきれいに取れて、ホコリも少なくなるプレミアムダウンウォッシュ相当の加工をしています。
タイトルとURLをコピーしました