羽毛布団、羽毛布団リフォーム6/1価格改定

ほぼ未使用のマザーグース羽毛布団を、シングルの軽量合掛布団2枚にリフォーム

目次

未使用の羽毛布団なので、羽毛を洗わずそのまま仕立直ししたい、でしたが

ほとんど使っていない羽毛布団があるので、合い掛け布団に仕立て直しをしてほしいという東京のお客様のご依頼です。スペックを見る限りは問題ないように思われました。

ところが羽毛を取り出してみると、羽毛がコロコロと小さくなっています(左側が取り出した羽毛、右側は新品のポーランドマザーホワイトグース ダウン95% 440dp)。元々の羽毛も少し小粒のようです。そのため、最初は取り出してそのまま新しい側に入れ替える予定でしたが、洗うことをおすすめしました。

総重量1952gで解体後の羽毛重量が954g つまり998gとほぼ正しい量が入っています。実際に洗ってみると910g残りました。これを2つに割って約450gで仕上げました。生地は軽量高通気度のS9100、5×6マス4cmマチです。当初は2cmマチでもいいかと思ったのですが、お客様のご希望もあり4cmでの仕上げです。 

羽毛自体の性も良かったのか、ふっくらと仕上がりました。

リフォーム前の羽毛布団
サイズ シングル 150×210cm
メーカー・使用歴 伊藤清商店 ほぼ未使用
羽毛 ポーランド マザーホワイトグースダウン95% 1,000g  総重量 1952g
綿100% 80番手サテン 4×5 立体キルト
所見

解体して取り出した羽毛は998g、洗浄で910gになりました。

解体時には心配しましたが、しっかりとした羽毛でした。

リフォーム前

リフォーム後

リフォーム後
リフォーム日 2024.4.10
サイズ シングル 150×210cm
側生地と総重量 S9100 100番手平織 5×6立体キルト 2cmマチ
羽毛の量と総重量 450g×2枚
費用 リフォーム加工13,200円+S9100羽毛側35,200円×2 合計83,600円(税込)

リフォームの金額はその時の価格ですので、変更している場合があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次